第26回 日本組織適合性学会大会

The 26th Annual Meeting of the Japanese Society for Histocompatibility and Immunogenetics

座長・発表者へのご案内

座長の皆様へ

1.特別講演・YIL・シンポジウム・教育講演・QCWS 集会・
 セミナー

ご担当セッション開始10分前に、講演会場内の右前方の「進行席」までお越しください。
なお、受付後は講演会場内の右前方に設けております「次座長席」にご着席ください。

講演時間
講演・討論の時間について変更が生じた場合は、進行係にご指示ください。
指示がない場合、第1会場では経過時間を以下のとおり、計時回線でお知らせいたします。

黄色:講演時間終了1分前
赤色:講演時間終了
赤色:討論終了(発表者の持ち時間終了)

第2会場、第3会場では経過時間をスタッフが合図いたします。

2.一般口演発表・学術奨励賞候補口演

座長受付
ご担当のセッション開始10分前に、講演会場内の右前方の「進行席」までお越しください。 なお、受付後は講演会場内の右前方に設けております「次座長席」にご着席ください。

発表時間
発表・討論の時間は、一般口演は発表7分、討論3分、学術奨励賞候補口演は発表10分、討論5分です。
第1会場では、経過時間を計時回線でお知らせいたします。

黄色:発表時間終了1分前
赤色:発表時間終了
赤色:討論終了(発表者の持ち時間終了)

第2会場、第3会場では経過時間をスタッフが合図いたします。

3.示説発表

座長受付
ご担当のセッションの開始10分前に「ポスター受付」にお越しください。座長用のリボンをお渡しいたします。

発表時間
発表・討論の時間は、発表3分、討論2分です。

発表者の皆様へ

1.特別講演・YIL・シンポジウム・教育講演・QCWS 集会・
 セミナー

講演方法
パソコンによるプレゼンテーションとなります。(会場にはMicrosoft PowerPoint 2013を用意してあります。)スライド原稿は、原則としてデータ持込み(USBフラッシュメモリー)となります。動画再生などの都合上、ご自身のノートパソコンをご持参される方は、必ず下記の【ノートパソコンを持ち込まれる際の留意事項】をお読みください。
※ただし、音声の出力には対応しておりません。)

講演者受付
発表データをUSBフラッシュメモリーに保存の上、発表30分前までに「PC受付」までご持参ください。スライドはその場で試写し、ご確認いただきます。
ノートパソコンをご持参される方は、開始30分前までにノートパソコン持参の上、「PC受付」までお越しください。スライドはその場で試写し、ご確認いただきます。
※持参される媒体およびファイルは、必ず事前にウイルスチェックを行ってください。

講演時間
あらかじめご連絡いたしました時間でお願いいたします。
第1会場では、経過時間を計時回線でお知らせいたします。

 黄色:講演時間終了1分前
 赤色:講演時間終了
 赤色:討論終了(講演者の持ち時間終了)  

第2会場、第3会場では経過時間をスタッフが合図いたします。

ノートパソコンを持ち込まれる際の留意事項
1) 会場の液晶プロジェクターとお持込みのパソコンとの接続は、D-sub15 ピンとなります。Macintoshのノートパソコンでは付属のコネクターが必要な場合がありますので、お忘れなくご持参ください。
2) バッテリー切れに備え、必ず電源アダプターをご持参ください。
3) 発表中にスクリーンセーバーや省電力モードにならないよう、設定しておいてください。

2.一般口演発表・学術奨励賞候補口演

発表方法
パソコンによるプレゼンテーションとなります。(会場には Microsoft PowerPoint 2013を用意してあります。)スライド原稿は、原則としてデータ持込み(USB フラッシュメモリー)となります。動画などの都合上、ご自身のノートパソコンをご持参される方は、必ず下記の【PC を持参される方へのお願い】をお読みください。
※ただし、音声の出力には対応しておりません。

発表者受付
発表データをUSBフラッシュメモリーに保存の上、余裕を持って(発表30分前まで)「PC受付」までご持参ください。スライドはその場で試写し、ご確認いただきます。
ノートパソコンをご持参される方は、開始30分前までにノートパソコン持参の上、「PC受付」までお越しください。スライドはその場で試写し、ご確認いただきます。
※持参される媒体およびファイルは、必ず事前にウイルスチェックを行ってください。

発表時間
発表・討論の時間は、一般口演は発表7分、討論3分、学術奨励賞候補口演は発表10分、討論5分です。時間厳守でお願いいたします。
第1会場では、経過時間を計時回線でお知らせいたします。

時間厳守でお願いいたします。
黄色:講演時間終了1分前
赤色:講演時間終了
赤色:討論終了(発表者の持ち時間終了)

第2会場、第3会場では経過時間をスタッフが合図いたします。

※PC を持参される方へのお願い
  • 動画や音声を含む場合やMacintoshを使用される方は、ご自身のPCでの発表をお願いいたします。
  • トラブルに備え、バックアップメディアも忘れずにご持参ください。
  • PC本体をお持ち込みいただく場合はPC受付にて動作確認後、セッション開始30分前までにPCをご自身で各会場左前方の PC オペレーター席へお持ちください。発表終了後、PCオペレーター席にてPCを返却いたします。
  • PC受付にて事前の映像のチェックを必ず行ってください。
  • PCの機種やOSにより出力設定方法が異なりますので事前にご確認ください。
  • 会場で用意するPCケーブルコネクタの形状は、MiniDsub 15ピンです。この形状に変換するコネクタを必要とする場合には必ずご自身でお持ちください。特にVAIOあるいはMacintoshなどのPCは別途コネクタが必要な場合が多いのでご注意ください。
  • スクリーンセーバー、ウイルスチェック、並びに省電力設定はあらかじめ解除しておいてください。解除されておりませんと発表中にスクリーンセーバー等が作動してしまうことがあります。
  • コンセント用電源アダプタは必ずご持参ください。バッテリーのみの場合、トラブルの原因になることがあります。

学術奨励賞候補口演
一般演題に応募された中から、事前にエントリーされ、選考された4演題を学術奨励賞候補口演として発表していただきます。
特に優秀と認められた演題の筆頭演者に学術奨励賞が授与されます。

日 時 10月28日(土)10:00~11:00
会 場 JMSアステールプラザ 中ホール(第1会場)
授 与 10月28日(土)19:30からの意見交換会にて選考結果を発表し授与式を執り行います。
応募者は全員意見交換会にご参加ください。

3.示説発表

掲示期間
できるだけ10月27日(金)~10月28日(土)の2日間通して掲示してください。

示説貼付、発表・討論、撤去時間

貼 付 10月27日(金) 11:30~13:00
閲 覧 10月27日(金) 13:00~17:30
10月28日(土) 9:20~18:00
発表・討論 10月27日(金) 17:30~18:20
10月28日(土) 8:30~09:20
※プログラムの日程にしたがって、順番にご自身の示説の前で発表していただきますので、座長の指示に従ってください。
撤 去 10月28日(土) 18:00~18:30

発表者受付
発表開始15分前までに、「示説受付」にお越しください。発表時はご自身の示説前で待機してください。

発表時間
発表・討論の時間は、発表3分、討論2分です。

掲示要項

  • パネルの左上に演題番号(W20cm×H20cm)が貼付してありますので、所定のパネルに掲示してください。
  • 示説の貼付に必要な押しピンは、各パネルに用意してあります。
  • 示説を掲示できるスペースは、およそW90cm×H160cmです。示説上部に、演題名、著者名および所属を記載してください。
  • 発表者名の左に、○を付けてください。
  • 発表内容は2m程度離れた位置からでも読めるように、十分大きな文字を用いて作成してください。
    図・表もできるだけ大きなものにしてください。
  • 所定時間内に撤去されていない示説は、大会事務局にて処分させていただきます。